HERMES Akademeia

TOP / レポート / HERMES Akademeia Basic1 レポート 9期生

HERMES Akademeia Basic 1 受講レポート

線一番の学びは何でしたか?
「己を空しうすることが、人の幾代かを要すると思われる大事業をも、よく一代で成し遂げられる」 講義中に徳山先生から教わった鮎川義介氏のこの言葉が最も心に残りました。通常、いかにロジカルに頭を使って野心的に成功していくかが問われる現代の社会において、「自分を消す」という一見逆説的なこの言葉が、実は脳科学的にとても理にかなっていることを知り深く納得しました。これだけの知識をまだ脳科学の言葉がなかった古き日本で、当たり前のように活用されていたことに日本人として誇りを感じます。また、「己を空しうする」と言葉で書けば簡単そうでも、どのように実践すれば?という疑問も講座中にその訓練方法を知れたことが最大の学びでした。
海
講義
線受講する前はどのように考えていましたか?
HERMES Akademeiaの講座を受けるまでは、あらゆるビジネスセミナーに参加し、それこそ心理的操作をする事で客を誘導し、1円でも多く儲けるにはどうすれば良いかと言うテクニックばかりを追いかけていました。テクニックを使うことで確かに売り上げは上がり、お客様に喜んで頂ける面もありましたが、一方でテクニックでの販売はお客様も慣れてくるので次第に反応が悪くなり、次々と新しいテクニックを学び続ける必要があり、その繰り返しに疲れを感じていました。それはお客様にも伝わるのでしょう。途中から売り上げも伸び悩み、テクニックだけでは人の心は動かせないことを痛切に感じていました。
線その後、ビジネスや生活でどのような変化がありましたか?
お客様とどのように接するか?を考えるのではなく、まず自分がどういう心でいるのか「人としてのあり方」を最初に考えるようになりました。欲や自我ではなく、いかに相手の利益になるかを心で思っていれば、自然とお客様との接し方も適切な応対ができるようになり、心と行動のギャップがなくなったことで今までの疲弊感がなくなりました。この現象はやはり売り上げにも明確に出てきて、とても良い善循環をしています。 「己を空しうする」の言葉は深いですが、今回の結果でその言葉の片鱗でも理解できた気がしています。また、毎朝瞑想をする習慣もつき、瞑想をすることでその日一日をとてもクリアに生活できるようになりました。
瞑想
株式会社Furyu 代表取締役
1978年大阪生まれ。大学では建築デザインを専攻。大学在学中にプロカメラマンとしてブライダル会社と契約。その後、アパレル会社に入社し、6ヶ月で部長に就任。アパレルプロモーションの責任者としてECアパレル業界では異例のスピードで成長させた後、立ち上げた2つのブランドを上場会社にM&Aで売却。8年勤めたアパレル会社から独立。デザイナーとして各種WEBサイト制作やショップ運営代行などを請け負う。また、WEBマーケティングの知識と経験を体系化し、起業を目指す社会人向けの起業スクールを立ち上げ、各種セミナー事業に携わる。2013年に株式会社Furyuを設立。
WEBサイト:株式会社Furyu